MENU

土日にも即日融資は可能

土日はいろいろとイベントもありますし、お金を払わないとどうしても逃してしまうようなことが非常に多いです。もちろん、自身の収入から捻出することも大切ですが、足りなければお金を借りる、という手段もありです。

 

ですので、土日の方が即日融資を受けたい、という方は非常に多いでしょう。即日融資ならば、大手消費者金融はもちろんのこと、銀行カードローンも大手ならば行っていますので、ぜひとも利用することをオススメします。

 

土日祝日でも申し込みできるキャッシング!


▲アコムの審査申し込みページヘ

 

▲プロミスの審査申し込みページヘ

 

消費者金融を利用する

消費者金融には土日も祝日も、盆も正月でも即日融資を受けることが可能です。もちろん、平日と同様の方法で即日融資を受けられますので、何か特別に用意するものや、しなければならない手順などもありませんので簡単に利用することが可能です。

 

また、審査回答までに1時間くらいかかると考えても、審査回答時間が21時までとなっていますから、20時までに申込みをすませていれば、その日のうちに審査回答を得ることが可能です。ですので、20時までに申込みをしていれば、即日融資は受けられるのです。もちろん、審査に通過することが条件ですが。

 

申込み方法はネット、もしくは自動契約機

土日の申し込みの場合は、ネットでも自動契約機でもどちらから申し込んでも構いません。自動契約機の場合は審査回答が来るまでの時間をその場で待つことになりますが、ネット申込みの場合は自宅でもどこでも申込みできるので、待ち時間を自由に使うことが可能です。

 

しかし、ネットで申し込みをする場合でも、ローンカードを発行するために自動契約機は必ず利用しなければならないので、ネットだけで借入までを行う、ということは殆どの消費者金融では不可能です。

 

ローンカードを使ってATMから借入する

ローンカードが必要になるのは、土日の借り入れの際には必ずコンビニATMなどを利用しなければならないからです。至極単純な理由ですが、口座振り込みは土日は銀行が休みですので、利用したとしても、銀行口座に反映されないからです。

 

反映されるのは次の月曜日からになりますから、ATMを使わない限り土日の即日融資を受けることは絶対にできません。ですので、申し込みの際にも借入方法は口座振り込みにしないように気を付けておきましょう。

 

銀行カードローンを利用する

銀行カードローンでも大手ならば基本的に即日融資を受けることは可能です。できない銀行もありますが、横浜銀行かみずほ銀行くらいで一部の銀行だけできない、程度の認識で結構です。もしも、利用しようと思っているのならば、第一に注意する必要があるのは、借入先の銀行の口座を持っているか否かです。土日は同じ銀行の口座にしか振り込むことができない、というような制度を取っている銀行がほとんどです。

 

例え、普段は別の口座に振り込んでもらっていたとしても、土日はできないというような銀行もありますから、利用する場合は確認しておく必要があるでしょう。その他にも申込み時間などの制限もたくさんありますし、それぞれの銀行で異なっていますから、もしも銀行カードローンで即日融資を受けようと思っているのならば、公式ホームページなどでしっかり確認を行っておきましょう。

 

土日の場合は在籍確認の電話に注意を払う

土日に即日融資を受けようと思ったときに一番ネックになるのが以外かもしれませんが在籍確認の電話です。実は、この在籍確認の電話が行えないせいで審査に落ちてしまう、と言う方が非常に多いのです。

 

なぜ行えないのかと言えば、土日ですので、職場が休みで社員が誰もいないために、在籍確認のしようがないからです。土日も営業している職場に勤めているのならば問題はありませんが、そうでない場合は十中八九在籍確認の電話で審査落ちしてしまうことでしょう。

 

在籍確認の電話を避ける方法がある

ですので、在籍確認の電話さえなければ、土日でも即日融資を受けられる可能性がぐんと高くなるわけです。残念ながら銀行カードローンですとその方法が一部の例外を除いて、在籍確認の電話を避けることはできません。ですが、消費者金融ならば、借入先を選ぶことで在籍確認を別の手段で行うことができるようになります。

 

利用するのはモビット、プロミス、アコムの3社のうちのどれかにしましょう。それぞれ回避の方法は違いますから、自分が一番やりやすい方法でできる会社を選びましょう。まず、モビットですが、こちらは三井住友銀行か、東京三菱UFJ銀行のどちらかの銀行口座を持っている必要があります。

 

それさえクリアしていれば、在籍確認のために給与明細か会社の保険証を用意していれば、後はWEB完結を利用して、ネットのみで借入までを行うことが可能です。一番楽ちんですが、銀行口座を持っていなければ不可能ですね。プロミスの場合は、給与明細か会社の保険証を準備することまでは同じですが、審査の前の申し込みの時点で、電話か自動契約機を利用して口頭で在籍確認の電話を無くす旨を伝える必要があります。

 

こちらも簡単ですが、電話をすると言うのが嫌な方は避けたいでしょう。アコムの場合は、何も必要ではないのですが、在籍確認の電話自体は職場にかかります。しかし、それに誰もでなかったとしても、10万円までは融資を受けることが可能、という制度を取っています。在籍確認は後に必ずありますが、少額融資を受けようと思っている場合ならば、何も用意しなくてもお金を借りられるという点で、非常に便利ですね。

おすすめはこちら

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日