MENU

キャッシングは借り過ぎに注意

総量規制という言葉はキャッシングについて調べているとよく目にする言葉です。これは貸金業法の法律で、総量規制の対象になると借り入れは年収の3分の1までとなります。

 

キャッシングは銀行や消費者金融でできますが、総量規制の対象になるのは消費者金融などの貸金業者で、銀行は全く関係がありません。

 

銀行カードローンには規制はない

銀行の場合は銀行法という法律が別にありますが、総量規制のようなルールは存在しないので年収に対して明確な限度は特にありません。だからといって制限なくお金を借りられるという事ではないので、いくらまで借りられるのかは審査で決まる事になります。

 

審査は銀行でも消費者金融でも行います。銀行の審査は厳しいといわれていますが、銀行には総量規制がないので、収入がない専業主婦でも配偶者の同意なしでキャッシングができるという点で消費者金融にはできない事でも銀行にはできるという部分もあります。審査で大切になってくるのは、職業や勤続年数、年収、家族構成や居住環境などの属性や、他社の借り入れの有無などです。

 

消費者金融で希望の限度額が50万円を超えると収入証明書が必要ですが、銀行カードローンの場合は300万円以下であれば収入証明書がいらない場合が多いので、銀行の方が手続きが面倒という事も特にありません。ただし審査にかかる時間は即日審査結果がわかる場合と何日もかかる場合とあって、銀行によってまちまちです。

 

消費者金融の総量規制

先に述べたように消費者金融には総量規制があります。契約をするにはまず本人に収入がある事が必要になるので、専業主婦が借りる事はできませんが、パートでもいいので仕事を持っている主婦であれば自分名義の契約をする事ができます。

 

総量規制があると年収の3分の1まで借り入れられますので、人によっては1社にとどまらず複数社から借りているという人もいます。そもそも総量規制が制定された理由は、法外な貸付で消費者の生活が破たんしないよう守るためのものなので、かつてに比べると無理な借金はしにくくなりました。

 

それでもキャッシングの利用方法によっては多重債務で支払いが厳しくなってしまう事は起きています。もしも借り入れが複数社になってしまって困っているのであれば、新たにキャッシングをするのではなく借金を一本化する事をおすすめします。

 

おまとめローンで借金をひとつに

おまとめローンとは、複数の借金を文字通りひとつにまとめてしまう事ができるローンです。そうすればいくつもあった返済日も1つになるので忘れにくくなりますし、金利がキャッシングよりも安くなります。おまとめローンは銀行でも消費者金融でも取り扱っていますが、このローンは総量規制の対象ではないので多重債務の人はどちらでも申し込む事ができます。

 

おまとめローンにももちろん審査があるので、返済ができなくてそのままになっている場合などには融資を受ける事はまずできません。貸す方にも限度があるのであまりにも多い場合にはまとめる事も不可能な事もあり得ます。そもそも多重債務で返済にも困っている状況という事は、収入に見合わない生活になってしまっているのかもしれません。

 

どのような用途でキャッシングをするかは自由なので、人によっては必要不可欠なもの以外の事にお金を使い過ぎているかもしれません。もしそうであれば、まずは借金をそれ以上増やさずに少しでも残高を減らす事を最優先に考えて生活を見直すよう努力する事も大切です。

 

そういう意味で、おまとめローンはキャッシングとは違ってそれ以上追加の融資を受けられるわけではないので、借金を減らしていくという事に専念する事ができますのでとてもおすすめです。金融事故になって審査に通らなくなってしまう事態に陥る前に、借金を一本化して返済していきましょう。

 

おまとめローンも不可能なら

おまとめローンの審査もだめで行き詰ってしまっても、過度に追い詰められないようにしましょう。どうしても借金を返す事ができない場合には、債務整理という方法がまだあります。

 

債務整理をする事にはデメリットもありますが、本当にどうにもならなくなった人にとっては人生をやり直すきっかけにもなるかもしれません。弁護士等の専門家に相談すればどうすればいいのかわかりますので、まずは無料相談等を利用してみましょう。

おすすめはこちら

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日