MENU

少額融資はいくらぐらいから? 金利はどのくらい?

少額融資というのは一般的には10万円のキャッシングを指します。キャッシングを利用する際の最小融資限度額がこの10万円ですから、そのように言われるのですが、銀行カードローンなどは融資額が大きくなりがちですので、30万円以下を差す場合もあります。

 

超少額融資を利用するのならばレイクを利用しよう

10万円以下のキャッシングの中でも、1万円〜5万円までの借入は超少額融資と言われます。金利も少なくて済みますし、すぐにでも借りて、次の給料日になれば簡単に返済することができますから、急にお金が入用になった際に利用している、という方は多いでしょう。

 

もしも、このような融資を利用するのならば、消費者金融の無利息期間を利用するのがオススメです。レイクとアコムとプロミスはそれぞれ初回利用の際に、無利息期間を設けているのですが、中でもレイクは5万円までは無利息で借入することがかのうで、しかもその期間が180日間と非常に長いのです。

 

単純計算でも毎月1万円ずつの返済を行えば、無利息期間のうちに返済することが可能です。ですので、のんびりとマイペースに返済をすることができるのです。さらに少額になれば月々の負担はもっと少なくて済むでしょう。

 

その他は30日間の利用で限度がない

アコムとプロミスは無利息期間は30日間と短めです。ですが、限度額はありませんので、10万円までの借り入れを行う際に利用するといいでしょう。この期間中の利息は今後も発生することはありません。ですから、長期的な返済になったとしても、ひと月分の利息が完全にカットされると考えればいいでしょう。この期間中の返済額をちょっとでも上げていれば、それだけ利息は減りますので、そのように利用することもオススメです。

 

無利息期間が利用できるのは消費者金融だけではない

銀行カードローンの中でも楽天銀行スーパーローンは30日間の無利息期間が付いてきます。しかし、これはあまり知られてはいません。そもそも、別の銀行でも無利息期間を持っていた銀行があったのですが、そこは既に止めてしまっているので、銀行カードローンでは無利息期間はあまり流行らない模様です。

 

もともと金利が少ないので、あまり気にしないと言う方も多いのかもしれませんね。ですが、無利息で得をするのは間違いありませんから、ちょっとでも金利の負担を減らしたいのであれば、利用することをオススメします。

 

かけられる金利が高いというのは本当のことなのか

キャッシングのシステムとして、借入金額が大きいと金利は安くなり、小さいと金利は高くなります。ですので、少額融資を受けると必ず金利率は高くなります。

 

しかもかけられる金利は上限金利というそれぞれの金融機関が定めている金利率でも最も大きなものになります。

 

上限金利が高くなるカードローン

銀行カードローンは一般的には低金利と知られています。しかし、これは高額融資の場合に、消費者金融と比較すると低くなる、ということで、少額融資の場合はそうではない場合もあります。このようなケースは実は少ないので、基本的には少額融資の際にも消費者金融よりも金利率が低くなるものだと思ってもらっても構いません。ですが、消費者金融の金利率とあまり変わらない金利率を課す銀行カードローンもあるので、きちんと知っておきましょう。

 

その銀行カードローンはオリックス銀行カードローンとじぶん銀行です。オリックス銀行カードローンは17.8%、自分銀行は17.5%となっています。これは消費者金融の金利率が殆ど18%となっていますので、あまり違いが無いことが分かるでしょう。

 

しかし、これはあくまで少額融資を受ける際の金利率が高いと言うだけであって、オリックス銀行も、自分銀行も下限金利、つまり高額融資を行った際の金利率は低めに設定されています。しかも、他の銀行と比べても低い方ですから、諸学融資を利用する際にだけ注意するようにすれば大丈夫です。

 

消費者金融は利息に違いがあまりない

消費者金融はどこでも下限金利は18%くらいに設定されています。低くてもプロミスの17.8%となっているので、たった0.2%しか違いがありません。ですので、どこの少尉飛車金融を利用するかは、金利率で選ぶことは殆ど意味がないと分かるでしょう。

 

また、この金利率は100万円を超えるまでは変ることがありません。ですので、消費者金融で利用する際には基本的に18%の金利がかかるものだと思ってもらっても大丈夫です。金利が変わるのも400万円ぐらいからの場合が多いので、一般のサラリーマンなどが借りることはできないでしょうから、よっぽどのお金持ちか、おまとめローンを利用しなければ、金利が変化することはありません。

 

ですので、消費者金融を選ぶ際には、金利率で比較することは殆ど無意味なのです。もしも、消費者金融を利用するのであれば、比べるのは無利息期間などのその他のオプションで決めるといいでしょう。そのあたりは個々の消費者金融によって違いがありありと分かるので、利用する前に比較することをオススメします。

おすすめはこちら

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日