MENU

モビットのWEB完結を利用しよう

モビットのWEB完結ならば、東京三菱UFJ銀行か三井住友銀行の銀行口座を持っていれば利用できます。この条件を満たしていれば、自然と在籍確認を給与明細か会社の保険証で行えるようになるので、在籍確認の電話を回避できるようになります。口座指定は少々面倒かもしれませんが、満たしてさえいれば、ネットの利用だけで借入までできるようになるので、非常に便利です。

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

WEB完結は電話が来ても1度だけ

WEB完結は殆ど全ての行程をネットの利用だけで行うことができますが、たった一度だけ電話での連絡があります。ですが、それは登録した携帯電話の番号が本物かどうかを確かめるだけですので、特にこれと言った質問もありませんので、電話に出て頂くだけで大丈夫です。

 

WEB完結の利用法は非常に簡単

WEB完結の申し込み方法は、公式ホームページの申し込みフォームに指定された入力事項にただただ打ち込むだけですので、ネットが利用できる環境があれば誰でも簡単に利用できます。指示されたとおりにするだけですから、初めてネットを利用すると言う方であっても全然大丈夫ですよ。また、申込みの際には最後に仮審査を行います。

 

この仮審査はその他の消費者金融が公式ホームページなどで行っている借入診断とは全く違う、かなり本格的な審査を行いますので、本審査に限りなく近い結果を受け取ることが可能です。しかもたったの10秒で結果がでますから、待ち時間は全くありません。モビットは大手の中でも利用者が多い企業ですから、かなりのスーパーコンピューターを高コストで利用しています。

 

コストが高くとも、そのおかげでさらに利用者が増えていますから、モビットにとってもかなりの利益になっていることでしょう。ですので、モビットは倒産する恐れもないとも言えるので、安心して利用することができますね。ですが、この審査はあくまでも仮審査ですから、本審査とは違う内容になることもありますので、ご注意ください。もちろん、仮審査には落ちてしまったけれども、本審査には通過できた、なんてこともありえますから、仮審査の結果は自分が借入できるかどうかの簡単な確認だと思っておくといいでしょう。

 

モビット以外で在籍確認の電話を回避する方法

在籍確認の電話を回避できるのはモビットだけではありません。消費者金融の場合は完全に回避できるのはプロミスで、銀行カードローンの場合は、東京三菱UFJ銀行と楽天銀行スーパーローンです。

 

プロミスでの回避方法

プロミスの場合は、モビットと違って口座を用意する必要がありません。確認方法もモビットと同じく、給与明細や会社の保険証などの書類での確認となります。ただ、こちらの場合ですと電話か自動契約機を利用して、口頭で在籍確認の方法を電話以外の方法にしてもらえるように申し出る必要があります。

 

これは面倒と感じる人もいるでしょうが、難しい手段という訳ではありません。ですので、もしも在籍確認の電話を無くしたいと思っていて、モビットを利用する際に必要となる銀行口座を持っていない場合には、プロミスを利用する、というようにするといいでしょう。

 

アコムでの回避方法

実は、アコムでも在籍確認の電話を回避する方法はあります。しかし、モビットやプロミスと比べるとかなり不完全で、別の方法で在籍確認を行えるというわけではありません。アコムの場合は、在籍確認の電話に失敗してしまった場合でも、10万円までの借入は可能になるというものです。

 

失敗したとしても少額融資ならば利用できるのですが、後程必ず、再度在籍確認の電話が職場に来るようになっていますので、根本的な解決にはなりません。ですので、一時しのぎでもいいという方以外はあまりオススメできません。

 

東京三菱UFJ銀行での回避方法

こちらの在籍確認の電話を回避する方法は、まず、こちらが用意しているローン契約機のテレビ窓口を利用する必要があります。また、こちらを利用するタイミングは、自分の勤めている会社が営業していない時間帯、または、土日、祝日などの休日である必要があります。もちろん、テレビ窓口は土日、祝日でも利用可能です。

 

その条件を満たしていれば、在籍確認の電話が無しになり易い、とのことです。こちらの方法はあくまで口コミなどで寄せられた体験談が元になっています。そのために確実性は消費者金融と比べると確かに低いです。しかし、口コミや体験談はかなりの量がありますので、確率的にはそれなりに高いと言えるので、試してみる価値はあるでしょう。ただし、そのような場合は利用者の信用度が高かったり、借入希望金額が少ない場合でないと難しいとのことですので、高額の融資を受けようと考えている場合は注意しましょう。

 

楽天銀行スーパーローンで回避する場合

こちらも、口コミや体験談で寄せられている話ですが、こちらの銀行を利用する際に、30万円以下の少額融資を受ける場合は、在籍確認の電話が無くなることがある、ということです。

 

もちろん、こちらの情報も多数寄せられていますので、決して嘘ではありませんし、確率としてはそれなりに期待できますので、こちらも試してみる価値は十分にあると言えるでしょう。また、年収が多い人ならば、返済も楽ちんでしょうから、より一層在籍確認の電話を回避できる可能性は高くなります。

おすすめはこちら

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日