MENU

同時申込みはブラックリスト登録の可能性がある

複数業者からの借金を行いたいという方が居ますが、一般的に借金では借入件数が増えると返済不能に陥るリスクが高くなります。

 

カード枚数は出来るだけ絞り込んで借金が有効であり、そもそも複数業者から借金希望を行う時に、同時申し込みを行ってしまうと通るはずの業者の審査落ちの可能性が出て来て、さらにブラックリスト入りしてしまう可能性が高いです。

 

返済能力が高くて信用されるだけの方ならば、同時申し込みでも審査通過の可能性がありますが、同時に複数社への申し込みは避けた方が無難と言えます。

 

同時申し込みがどうしてダメなのか?

キャッシング審査に申し込みを行うというのは、申し込みブラックと表現されるものであり、金融業者側からはお金に困っていて切羽詰っていると敬遠される可能性があります。

 

こうした申し込み者は返済不能に陥るリスクを抱えていると捉えられ、貸し倒れリスクのある申し込み者に融資を行う業者は一般的には無いと考えた方が良いでしょう。

 

申し込みを行ったという情報は信用情報機関に記録されますから、同時申し込みは別業者からでも確認出来て、これ自体が信用情報に傷が付く状態になります。

 

2件までの連続申し込みは許容範囲

連続申し込みを2件程度なら行う方は居ますし、これはお金に困って切羽詰っている状態で無くてもありえる事です。ただし、3件連続になってくれば危険人物としてチェックが入り始めますから注意が必要であり、基本的には1件づつ申し込みを行って、審査結果が出てから次の業者に申し込みを行う事が望ましいと言えます。普通の申し込み者ならば3件も連続申し込みは行わないと認識されるものです。

 

2件落ちれば3件目も通らない可能性が高い

2件連続でキャッシング審査に落ちるという方は、そこから3件目に行っても落ちる可能性が高いですから、まずは自身が何故落ちるのかに目を向ける必要があります。2件連続で落ちる場合は年齢や年収、過去の借金歴や現在の借入状況等で、何かしら審査クリア出来ない問題を抱えている可能性が高いです。

 

こうなれば何件積み重ねて審査申し込みを行っても無駄に終わる可能性があり、最終的に違法業者にひっかかる可能性がありますから、まずは冷静に自身の返済能力のどこに不備があるのか考える事が有効になります。

 

どうして連続や同時申し込みが敬遠されるのか

個人信用情報は終始更新される事になり、審査申し込みを行った瞬間に記録される事になります。この情報は金融業者の審査で必ず紹介されるものであり、例えば過去に債務整理経験があっても金融事故記録として残っており、それが審査に影響を与えるものになります。

 

連続申し込みにしても同時申し込みでもリアルタイムで記録更新され、金融業者側はこれを見て審査結果の判定を行う事になり、業者と言うのは過去の膨大なデータの蓄積から貸し倒れリスクが高い申し込み者の特徴が解っているものです。そういう点からも連続や同時申し込み者は貸し倒れリスクが高いからこそ敬遠される事になります。

 

連続申し込みを行う必要がある場合

どうしても連続申し込みを行って、即日でキャッシングを行いたいと言う事から件数が増えていくというパターンがあります。そういう時には独自審査を行っている業者を利用するという手段があり、リスクを知った上での利用が必要です。

 

独自審査を行う業者の特徴

通常のカードローン審査では個人信用情報から返済能力を導き出す事になりますが、独自審査と言うのは業者毎の独自基準によって融資するかどうかを決める業者です。信用情報をチェックするものの、そこまで影響を受ける事無く審査を進めており、大手業者ではなく中小業者がこうした審査形式で営業する可能性が高くなります。

 

審査が柔軟で通りやすいという特徴があり、多少信用情報に傷があったり、借入件数が多くても融資の可能性があるものです。注意したい事は違法業者への申し込みを行う事であり、中小業者で独自審査を行う中には法律に基づいた審査を行っている所も多いですから、情報収集して安全性を高めて申し込みを行う事が必要になります。

 

独自審査業者は高金利設定で注意して利用しないとリスクが高い

独自審査業者は大手銀行や大手消費者金融の審査で弾かれた客を迎え入れる業者になり、こうした業者は高金利設定が一般的ですから、お金に困っている方が独自審査業者を利用すると金利の高さから結局返済不能になる事もあります。

 

利便性も低くて銀行やコンビニATM利用が出来ない等、通常の業者と比べてもサービスが悪いですが、他の業者で借金出来ない方が利用する傾向があり、どうしても複数社から借りたいという訳アリの方が利用しているものです。2社連続落ちしたような方はこうした業者や闇金以外の選択肢は無いですが、まずは家族や知人に相談して借金した方が遥かに安全ですから、リスクを知った上で利用が望ましいと言えます。

おすすめはこちら

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日