MENU

銀行カードローンの審査に通りやすい条件は?

銀行カードローンの審査は貸金業者よりも厳しいと言われていますが、審査基準に明確な決まりはありません。

 

消費者金融などでは貸金業法で融資は年収の3分の1までと決まっていますが、銀行は銀行法の範囲内で運営していて年収に対していくらまでという規制はないのです。

 

ですが、おおよその目安として最大で年収の2分の1ぐらいまでの融資ができるのが銀行のカードローンと言われています。

 

パート・アルバイトの方におすすめできるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

年収200万円あると安心

人によって収入はまちまちですが、年収200万円以上をキープしている人であれば銀行カードローンの審査もより通りやすくなります。正社員で働いている人であれば年収200万円以上になる人がほとんどなので、カードローンを申し込むにあたっての条件としては十分です。限度額は少なくなりますが、年収200万円以上ない人であってももちろん融資を受ける事ができます。

 

銀行のカードローンの審査では、収入だけでなく職業の安定性も判断材料となります。勤務先と年収と勤続年数などを複合的に見れば、ある程度その会社の安定性が見えてくる場合があります。契約者本人に返済する意思や能力があっても、会社が傾いてしまえば返済のあてがなくなってしまいますから、勤務先やその業種は融資の審査にとってとても重要な要素になるのです。

 

やっぱり公務員は安定職

銀行から融資を受ける際に何と言っても信用されるのが公務員です。公務員の仕事がなくなるという事は絶対にありませんから、その人が勤め続けている限り収入は安定し続ける事になりますので、銀行は安心してお金を貸してくれます。

 

会社員でも年収が低い場合には信用度が下がる事も

会社員はその会社が安定した大手企業であればある程度信用を得られますが、同じ会社員でも中小企業で収入も低く不安定な会社だったりすると、返済に不安を持たれてしまって審査で不利になる場合もあります。

 

銀行はパート、アルバイトに加えて専業主婦でも大丈夫

パート、アルバイトで年収200万円以上稼ぐ人はあまり多くないかもしれませんが、非正規雇用者であっても収入が多くて安定しているのであれば、銀行カードローンでも十分審査には通ります。

 

最近は働き方も多様化していて、正社員ではなくフリーターでいくつもの仕事をかけもちしたり、派遣社員や契約社員など色々な形態で仕事をしている人がたくさんいます。勤続年数が長い人であれば、年収はあっても勤続年数の少ない正社員よりむしろ信用される場合もあり得るので、必ずしも不利になるというわけではありません。

 

また銀行カードローンは専業主婦が借り入れをできる唯一の方法で、消費者金融などの貸金業者からは借り入れができません。限度額は最大でも50万円で、配偶者の同意なしで借りられる銀行が多くあります。

 

とにかく返済能力があるかどうか

結局のところ、貸したお金をちゃんと返していくだけの能力があるかどうかという事が最大のポイントになります。ですから、年収が多くて安定した職種に就いている人でも、既に借金まみれでどうにもならない状況であれば当然銀行はお金を貸しません。

 

住んでいるところが持ち家で居住年数が長い人や、家族構成、固定電話の有無なども一見関係ない事のように思えますが、全てその人の返済能力の有無の判断につながる大切な情報です。それらの属性や信用情報も含めて総合的に見て、最終的に年収に対していくらまでなら貸せるかという判断をされます。銀行カードローンの審査では、それらのひとつひとつをしっかりと見ていくので時間がかかる場合があるのです。

 

消費者金融は少ない年収でも借りやすい

消費者金融の審査は銀行のカードローン審査よりも通りやすく、収入が少ない人でも安定してさえいれば借りやすくなっています。ただし、銀行とは違って年収の3分の1までの融資と決まっていますので、年収100万円の人で最大約30万円までという計算になります。

 

限度額は信用度に比例する

消費者金融では収入証明書がなくても50万円までならすぐに融資を受けやすくなっています。50万円借りたい場合、年収は150万円以上あればいいわけですから、正社員で働く人の多くは50万円の限度額は認められるという事になります。

 

銀行の審査と同様に勤務先や勤続年数などの属性は重要な要素になりますが、とにかく大事なのは安定収入が継続して得られていて、個人信用情報の内容に問題がないという事をクリアしていれば審査には通る事が多いです。その際もしも他社で既に借り入れがあるという場合、その残高と新たなキャッシングの希望額を合計して年収の3分の1に収まっていなければなりません。

 

キャッシングの審査に通過しやすくするには

銀行でも消費者金融でも審査に通過しやすくするには限度額を低くしておくといいでしょう。キャッシングの最低限度額は10万円ですから、まずはそこからスタートして利用してみるという事をおすすめします。

 

キャッシングを利用する人は数万円の融資を必要として申し込む場合が多いので、もしそうであれば必要以上に多い限度額で審査を受けるより、最低額で審査を受けた方が貸す側も回収不能になった時のリスクが小さいのでわりと簡単に融資してくれる事が多くなっています。

銀行のカードローンでも少額の即日融資が可能?

銀行のカードローンは限度額は数百万円までと高額なことが多いので、数万円くらいの少額の借り入れは行えないと考えている人がいるかも知れませんが、決してそんなことはありません。少額でも即日融資を受けることが可能です。

 

数万円の少額であれば金利の差はほとんど関係ないので、銀行ではなく消費者金融から借り入れを行った方がいいかも知れませんが、本人に収入のない専業主婦の場合は消費者金融はまず利用できないため、銀行のカードローンを利用することになります。

 

即日融資を行っているのは消費者金融だけでなく、銀行のカードローンでも行っています。借り入れを行う金額によってはその限りではありませんが、おおよそ30万円までであれば即日に借り入れを行える可能性が高いといえます。

 

最低の限度額は10万円です

銀行でも消費者金融でも、最低の限度額は10万円です。数万円の借り入れを行いたい場合、この10万円の限度額の中から必要な額を借り入れることになります。この10万円の限度額の審査を通過するのは難しいことではありません。

 

というのも、上に書いたようにこれは審査を通過できた場合の最低の限度額だからです。逆にこの10万円の審査に通過できない場合、少なくとも現在はキャッシングの利用はできない状況だということです。その場合の原因として考えられるのは、現在他社から大きい借り入れがある、また過去に利用した際に返済でトラブルを起こしたようなことがあった場合です。

 

この返済でトラブルを起こしたことがある人に対しては、審査は大変厳しくなります。また債務整理を行ってから間もないような場合も同様です。このような信用情報に問題がある場合を除き、10万円の限度額の審査であれば、定期的な収入さえあれば通常はまず問題なく通過できるといえるでしょう。

 

専業主婦は銀行のカードローンを利用しましょう

本人に収入がない人は原則的に消費者金融は利用できませんが、銀行のカードローンの利用は可能です。この専業主婦への貸し出しは、夫の収入を元に配偶者貸付という制度を利用して行われます。そのため夫に定期的な収入があることが条件になります。

 

またこの専業主婦が銀行のカードローンを利用する場合、基本的に限度額は30万円になります。専業主婦でもその金額までであれば貸し出しを行っても大丈夫だという判断です。一部の銀行では50万円のところもありますが、30万円が基本だと考えてください。

 

そのため、数万円だけが必要な場合でもこの30万円の限度額になります。この中から必要な額だけ借り入れを行ってください。もちろん無理に限度額まで借り入れを行う必要はありません。借り入れ額が多いほど支払う金利の額高くなります。限度額があるからといって、必要以上に借り入れを行わないように注意してください。

 

午前中に申し込みを行いましょう

銀行から即日融資を受けたい場合、午前中に申し込みを行う必要があります。申し込みを行った日のうちに審査が終わらないと即日に借り入れを行うのは不可能なので、少しでも早い時間に申し込みを行いましょう。

 

消費者金融では最短30分で審査が終わることも少なくありませんが、銀行では最短でもそれより多少長く掛かると考えてください。これは消費者金融より審査を厳密に行っているためです。また審査自体が消費者金融より厳しい傾向があるといえます。会社員など自分に定期的な収入がある場合は消費者金融を利用した方が早いかも知れません。

 

休日や夜間でも即日融資が可能です

銀行の営業時間は平日の15時までですが、その営業時間外でも申し込みを行える銀行があります。それはローン契約機を設置している三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行です。このローン契約機は消費者金融の自動契約機に相当するもので、これを利用して平日や休日問わず、毎日20時まで申しこみが行えます。

 

ですがこの時間ギリギリに申し込みを行った場合、審査が終わるのが翌日になってしまうことがあります。申し込みを受け付けている時間は長いですが、早く申し込みを行うに越したことはありません。

 

定期的な収入がある人は消費者金融を利用しましょう

数万円の即日融資の場合、専業主婦の人以外は消費者金融を利用した方がいいでしょう。それはここまで挙げてきたように、審査に掛かる時間やその通過のしやすさ、そして大手の消費者金融ではどこでも毎日21時まで営業を行っている点が、即日融資には大変有利だからです。

 

金利こそ銀行のカードローンと比べると高くなりますが、数万円であればその差はほんの僅かです。その僅かな金利の差より、即日融資を受けられる可能性が高いという点の方を優先しましょう。また大手の消費者金融では初回の利用時に無利息期間のサービスがあるところがあります。これをうまく利用すると、場合によっては金利は全く掛かりません。このようなサービスの利用も考えてみましょう。

おすすめはこちら

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日